動物園よもやま話D/97-03-11

動物病院係山口歩さん

多摩動物公園には155種1071点の哺乳類と鳥類が展示されています。
大きいものでは'アジ了ゾウ、アミメキリン、
小さなものではチャムネエメラルドハチドリまでといった動物たちです。
これらの動物たちが病気になった時には、現在、4人の獣医師が治療にあたっています。
動物のお医者さんというと、
さぞや動物たちから感謝されることでしょうと思われがちですが、
実は動物たちからみれぱとんでもありません。

それはそうですよね。
だって、治療してもらうということがわからないまま、
突然押さえつけられたり、注射などの痛いことをされたり、
目薬を入れられたりしているのですから。
獣医をみるやいなや大騒ぎしたり、すたこらさっさと遠ざかっていくこともしばしぱです。
それでもめげずに、動物たちに嫌われながらも毎日、頑張っています。
でも、動物たちから信頼され、動物たちと語り合うことのできるドリトル先生はいいなあと、改めて羨ましくなってしまう今日、この頃です。